昼 眠い 血糖値

昼 眠い 血糖値

血糖値と眠気の関係

血糖値と眠気は一見すると関係のないことのように思えるかもしれませんが実はとても親密な関係です。
血糖値が安定していない状態はやる気や集中力がなくなり、急な睡魔に襲われることもあります。
では具体的にどのような状態になったら眠くなるのかをご説明します。

 

血糖値が高くなると眠くなる?

血糖値は食事の直後に一気に上がり高くなります。
それと同時にインスリンと呼ばれる物質が過剰に分泌されるので一気に低血糖状態になります。
そうなるとぼーっとしたり眠気に襲われるなどの症状があります。
よくご飯を食べた後に眠気が来るという人はこうしたメカニズムによって引き起こる現象なのです。

 

血糖値が低くなると眠くなる?

血糖値は多少の変動をしています。
しかし血糖値がこの正常な変動幅を越えて低いほうに傾いてしまう状態を低血糖症と言われています。
血糖値が低い状態というよりかは安定しない状態で、血糖値が低くなることで眠気を引き起こします。
また低血糖症の場合は眠気以外にも不安やイライラなどの症状も起きるのでうつ病と診断されてしまうことも多いそうです。

 

血糖値による眠気の解消法

血糖値による眠気を解消するにはまず糖質を控えることを意識してください。
白米やパンなどは吸収がよ過ぎて血糖値が上がるスピードも早いです。
なので量を減らすだけでも急激な血糖値の上昇を防ぐ効果があるので眠気に襲われにくくなります。
また食事の際の食べる順番も重要で野菜などの食物繊維から食べて肉などのタンパク質、そして最後に糖質などの炭水化物を食べることで血糖値の上昇を緩やかにすることが出来ます。
なので朝ごはんや昼ごはんなどを気をつけて食べることで昼間の眠気は解消されるでしょう。

 

>>血糖値から来る昼の眠け、夜の眠りを改善することで良くなることも