昼 眠い 食事

昼 眠い 食事

食事内容と眠気の関係性

 

昼食を取ると、午後からとても眠くなることはありませんか。
これは午前中の仕事が忙しかったり、食事により満腹になることで、眠くなるのだと考える人も多いようですが、実は、この眠気は昼食の内容と関係していることもあるようです。
まず、昼食に何を食べたか思い出してみましょう。
ご飯やパンなどを主食として、おかずを食べたりすることがほとんどではありませんか。
午後の眠気は、このご飯やパンなどの糖分が原因で起こることもあります。
食事をすることにより、ブドウ糖が増えて、身体がインシュリンと呼ばれるホルモンを出して、この糖分を分解します。
しかし、一時的にインシュリンの分泌量がおかしくなってしまうことで、眠気が起こってしまいます。

 

昼、炭水化物を摂ると眠くなる?

 

炭水化物は糖分に分解されますので、どうしても眠気が起こることが多いようです。
けれど、適度に炭水化物を取ると、眠気も少なく、午後からもしっかりと頑張ることが出来ますが、炭水化物を過剰に摂取すると、身体から摂取された炭水化物を分解するために、インシュリンが沢山分泌されて、炭水化物を糖分に変えるためにフルパワーで働き始めます。
そのため、身体に低血糖が起こってしまい、眠くなってしまうのです。

 

昼の眠くならない食べ方の工夫とは?

 

これらのことから、炭水化物はほどほどに摂取するほうが良いでしょう。
パンなどを食べる場合には、どうしても一個では不足してしまい、もう一つパンやおにぎりを食べてしまうことがありますが、炭水化物に炭水化物を摂取することになりますので、出来るだけこのような食事は避けるようにしましょう。

 

昼の眠気をさます食べ物とは?

 

眠気を起こさないためには、炭水化物を少なくするのは勿論ですが、眠気を覚ますためには、最初に野菜などの食物繊維を取るようにすれば、血糖値の上昇を緩やかにすることが出来ます。
また、白米などよりも、玄米などを食事に取り入れるのもおすすめです。
また、糖分などは、インシュリンを過剰分泌することもありますので、出来るだけ控えるようにしましょう。

 

食事時の飲み物は、糖分が入ったコーラなどの甘いものはやめて、お茶などや水などのすっきりとしたものを飲むことも良いでしょう。
それに、眠気を起こさないためには、満腹になるまで食べるのではなく、腹八分目にするように心がけましょう。

 

 

>>食事から来る昼の眠け、夜の眠りを改善することで良くなることも